オススメの本

感銘を受けたり、面白かったオススメの本のレビューです。よい本を読むとハッピーになりますね。 僕がよく読むテーマは、ビジネス、サッカー、ウェブ、仕事、グローバル系の本。基本的に、働くことをいつも考えてます。

February 24, 2011

西村佳哲さんの「かかわり方のまなび方」を読んで

かかわり方のまなび方

★★★★★

僕は西村佳哲さんが大好き。リスペクトしている。

僕とは全然違うタイプだけど、考えていること、興味を持っていることに共通点があって、
勝手に共感している。

「働き方研究家」という肩書きや、モノ作りのスタンス、考えていることがいちいちカッコいい。
僕がやりたいこととも似ていて、正直悔しい気持ちがある。

そんな西村佳哲さんが新しい本を出したので、読んでみた。
読んでよかった。ほんとによかった。

西村佳哲さんの「かかわり方のまなび方」を読んでの続きを読む

September 13, 2010

サッカー日本代表を生んだ、28の哲学 突破論のレビュー

突破論。

中村俊輔、中澤佑二、遠藤保仁ら日本を代表するサッカー選手28人の自伝本。
サッカー選手が自身の成功や挫折を通して学んだ仕事論を語る。
この本を読むと、今の日本代表は無名から始まった人が多いのが興味深い。エリートが少ない。

サッカー日本代表を生んだ、28の哲学 突破論のレビューの続きを読む

September 3, 2010

4人のジーンズマニアがネットで出会い、究極のジーンズを作る - 空中ジーンズ工場のレビュー

空中ジーンズ工場

インターネットで出会った4人のジーンズファンが、究極のジーンズを作る物語。
1998年の話だからもう10年以上前。ネットもECも今ほど普及してなかった時代。

4人は会ったことがなく、お互いの顔も知らない。
しかし、掲示板やメールを駆使して、最高のジーンズを目指す。
こだわって作ったジーンズ250本は一週間で売り切れ。

ジーンズを作る際の、検討状況や生産過程が細かく描かれている。
消費者目線でモノ作りを追求していて、スーパーコンシューマーと共通点が多い。

4人のジーンズマニアがネットで出会い、究極のジーンズを作る - 空中ジーンズ工場のレビューの続きを読む

September 1, 2010

クリエイティブに「アメとムチ」は逆効果 - モチベーション3.0のレビュー

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

持続する「やる気」をいかに引き出すか。最近、「やる気」というキーワードがやたらと目に付く。
「モチベーション3.0」という本は、モチベーション管理する人は読んだほうがいい。面白かった。

「クリエイティブワーク」と「ルーチンワーク」ではモチベーションのベースが違う。
感覚的には知ってるが、ロジカルに考えことはなかった。

この本では、外的動機付けである「アメとムチ」による人の動かし方が機能しなくなってきていると警告して、これをモチベーション2.0と呼んでいる。(ちなみに、モチベーション1.0は、生存のための動機付けとしている。)

クリエイティブに「アメとムチ」は逆効果 - モチベーション3.0のレビューの続きを読む

August 28, 2010

オフショア投資とは?銀行もクラウドです。

ゼロ金利に慣れてしまった人のためのオフショア投資入門 金融鎖国の日本でお金は殖やせません (Kobunsha Paperbacks Business)

オフショア投資というのを知って、ネットで調べて、1冊本を読んでみた。
調べたてのホヤホヤなので、認識違いがあるかもしれないことを最初に断っておきます。

オフショア投資とは?

オフショア(タックスヘイブン)とは税金が無い、または税率が著しく低い国や地域のことで、
飛行機ではどこの国の税金も掛からないのと同じ。
ようするに、税金取るには、曖昧な場所なんでしょう。
オフショアでは税金がかからんので、そこで資産運用したら税的にお得よ、というのがオフショア投資だ。
システムアウトソーシングでオフショア開発というときのオフショアとは意味が違うようだ。

オフショア投資とは?銀行もクラウドです。の続きを読む

August 26, 2010

サッカー日本代表の遠藤保仁の「自然体」のレビュー

自然体‾自分のサッカーを貫けば、道は開ける (小学館101新書 22)

サッカー日本代表の遠藤保仁(ガンバ大阪)の本「自然体」を読んでみた。
プレーも文章も淡々としているが、
所属していたフリューゲルスが消滅したり、
代表でポジションがなかったときの苦い経験は彼の中でとても大きいのではないかと感じた。
(いい意味で)

コロコロPKが代表的なように、彼のプレーは落ち着いてる。

僕はそれが苦手。

サッカー日本代表の遠藤保仁の「自然体」のレビューの続きを読む

April 11, 2010

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらのレビュー

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

高校野球部マネージャーの女の子が、ドラッガーのマネジメント本を片手に、野球部を立て直し、甲子園を目指す話。すでにマネジメントやってる人には必要ない本かな、と思いました。

この本を読んで気付いたけど、クラブ活動のマネージャーって地位と名前が一致してなかったですね。これってなんでなんでしょう?とても不思議です。実態は、マネージャーじゃなくて、アシスタントっぽいですよね。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらのレビューの続きを読む

January 23, 2010

フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略のレビュー

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

本の紹介に書かれている以下を見るとどんな本か分かる。

  1. デジタルのものは、遅かれ早かれ無料になる
  2. アトムも無料になりたがるが、力強い足取りではない
  3. フリーは止まらない
  4. フリーからもお金儲けはできる
  5. 市場を再評価する
  6. ゼロにする
  7. 遅かれ早かれフリーと競いあうことになる
  8. ムダを受け入れよう
  9. フリーは別のものの価値を高める
  10. 稀少なものではなく、潤沢なものを管理しよう

どんな業界でも無料との競争が待っている。デジタルは大量生産コストがほぼゼロだからだ。そうなると、どう無料と戦うか、無料からどうお金を生み出すかを考えなければいけない。

フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略のレビューの続きを読む

December 30, 2009

プレゼンしたくなる。プレゼンテーション Zenのレビュー

プレゼンテーション Zen

この本を読んでプレゼンがしたくなりました。すべてのものにデザインは必要で、プレゼンにおいてももちろん必要。無駄なものを省き、プレゼンをデザインする。そういう本。

やっぱプレゼンは資料じゃなくて、スピーチですよね。ほんで、頭で考えるより場数を踏むほうが重要。

プレゼンしたくなる。プレゼンテーション Zenのレビューの続きを読む

December 29, 2009

インドに行きたくなる。インドなんて二度と行くか!ボケのレビュー

インドなんて二度と行くか!ボケ!!―...でもまた行きたいかも (アルファポリス文庫)

今年はホノルルマラソンのエントリーを諦めたのだが、どっか行きたいなあ。と思ってたときに見つけたインド旅行記。これを読んでインドに興味シンシンになった。インドに行ったことある人に聞くと、是非一度行ってこいと。自分のちっぽけさを痛感するらしい。

インドに行きたくなる。インドなんて二度と行くか!ボケのレビューの続きを読む

December 9, 2009

「あなたは、何を大切にしてきましたか?」 はたらきたい。のレビュー

はたらきたい。

「はたらくこと」って、どういうことなのか。 いろんな人の 「大切にしてきたもの」を考えることで、見えてくるのではないだろうか。 そんな切り口で、編まれていった本です。

「あなたは、何を大切にしてきましたか?」

この質問にあなたなら何と答えますか?

「はたらく」とは何なのか?が永遠のテーマの僕にピッタリの本のタイトル。ほぼ日刊イトイ新聞の糸井重里さんがいろんな人に働き方のスタンスをインタビューする。

これは、まさに僕がやりたいことそのもの。
インタビューされた人は、

「あなたは、何を大切にしてきましたか?」 はたらきたい。のレビューの続きを読む

November 12, 2009

上場しないメリット 社員をサーフィンに行かせよう―パタゴニア創業者の経営論

社員をサーフィンに行かせよう―パタゴニア創業者の経営論

アウトドアメーカーのパタゴニア創業者の経営論。読んでいる人をチラホラ見かけたので読んでみた。面白い本だった。

企業は(株主のものではなく、経営者のものでもなく)地球のものである。地球がなければビジネスもできない。そして、環境はどんどん悪化している。企業は地球に対して責任を負う。
これがパタゴニア創業者シュイナード氏の信念。一貫してて分かりやすい。

いたるところで、「持続可能性」をうったえている。ずっと持続できる活動を考えようという長期的な考え方だ。たとえば、石油に依存してたらいつかなくなっちゃうよね。みたいな。僕は、つなぐ人フォーラムで初めてこの単語を知った。

一般的なビジネス本とは違う。目先にとらわれず、長期的スパンで、100年続く会社、7世代先を意識したビジネスを説いている。

上場しないメリット 社員をサーフィンに行かせよう―パタゴニア創業者の経営論の続きを読む

October 12, 2009

生きるとは?西村佳哲さんの「自分をいかして生きる」のレビュー

自分をいかして生きる

〈仕事〉は〈人生〉と、〈働き方〉は〈生き方〉と背中合わせで、他の誰にも肩代わり出来ない一人ひとりの〈生〉に直結している。 つまり、それはきわめて個別的なものだ。普遍的な言葉で語りきれるものじゃない。 こうすればいいとか、こんな風に働くべきだとか、生きるべきといった話を他人が示すことはできない。誰も自分にはならないし、自分も誰にもなれないからだ。 自分は自分にしかなれないし、その意味において、誰もがその日となりの道筋をすでに歩いていると思っている。

という前書きに惹かれる人は是非読んでみてください。

生きるとは?西村佳哲さんの「自分をいかして生きる」のレビューの続きを読む

October 1, 2009

環境の価値 態度が悪くてすいません(内田樹)のレビュー

態度が悪くてすみません―内なる「他者」との出会い (角川oneテーマ21)

薦められて、初めて内田樹さんのエッセイを読みました。この人はナンバの甲野先生と繋がっているそうだ。

印象的だったのが2つあって、1つ目は

「時の守護者」ってやつで、環境の価値と、環境によって人の顔が変わるという話。

環境の価値 態度が悪くてすいません(内田樹)のレビューの続きを読む

September 30, 2009

ビジネスモデル構築力の重要性 やりがいある仕事を市場原理のなかで実現する!のレビュー

やりがいある仕事を市場原理のなかで実現する

日経新聞から外資系コンサル会社を経て、独立した著者による「やりがいある仕事」でいかに収入を得るか、というテーマの本です。

サラリーマンの永遠の悩み、「やりがい」と「金儲け」のトレードオフをどうビジネススルーするか。
不可能と刷り込まれているが、そんなことはない。と著者が経験談を語る。

マスコミで働いていた著者は、規制だらけのマスコミ報道に疑問を感じて、MyNewsJapan という広告主ゼロのニュース媒体を立ち上げた。その経緯が解説されていて、参考になることがチラホラある。ノウハウ本ではなく、ビジネスモデルの重要性を説いた本です。

ビジネスモデル構築力の重要性 やりがいある仕事を市場原理のなかで実現する!のレビューの続きを読む

September 19, 2009

発酵と腐敗の違い 発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方のレビュー

発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方

発酵を意識したことなかったんだけど、人から薦められて読んでみた。そしたら、面白かった。今は、もやしもんを読んでます。

酒蔵に婿養子にきた著者の体験談なので、自分のお酒の宣伝本だと思う。でも、お酒作りで著者が感じた「仕事」哲学書みたいな感じでもあり、おもしろい。

著者が、過去のビジネス経験を生かして、自身の酒倉にいろいろ改善を試みるが全くうまくいかない。体を壊したことをキッカケに、利益重視ではなく、みんなに喜んでもらえる酒をつくろうと考え方を切り替えた。その結果、物事がうまく動き始めた。

発酵と腐敗の違い 発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方のレビューの続きを読む

August 8, 2009

裸でも生きる―25歳女性起業家の号泣戦記のレビュー

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)

「バングラディッシュ発のブランドを創る」ことを実現させるべく奮闘する女性社長・山口絵理子さんの自伝エッセイ。すごい人だな。と思った。行動力が半端ない。
彼女の会社はマザーハウスといい、バングラディッシュでかばんを作ってフェアトレードしている。

先週の日曜日、慶応大学の社会起業家のイベントに参加した。10社ぐらい来てた。
そのイベントで、僕は前から2列目の席に座っていた。後で気づいたのだが、前のほうは関係者用の席だった。
だから回りは関係者かスピーカーの人ばかりで、僕の前にはネパールで生産した服をフェアトレードしてるネパリ・バザーロという団体の人が座っていた。なので、ここぞとばかりフェアトレードについていろいろ聞いた。

裸でも生きる―25歳女性起業家の号泣戦記のレビューの続きを読む

August 6, 2009

コアコンピタンス経営。任天堂 驚きを生む方程式のレビュー

任天堂 驚きを生む方程式

ゲームは詳しくないけど、面白かった。やっぱ組織はビジョンですね。何をしててもこれにたどり着く。

  • コアコンピタンス経営
  • 市場拡大

やっぱコアコンピタンスがグラグラ動いたらよくないですね。

コアコンピタンス経営。任天堂 驚きを生む方程式のレビューの続きを読む

August 3, 2009

途上国に本を送り、図書館を設立するRoom to Read。マイクロソフトでは出会えなかった天職のレビュー

マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった

社会起業家のところに並んでいたので読んでみた。3回ぐらい泣いた。働くことを考える人には、是非読んでもらいたい本。

マイクロソフトの重役だった主人公ジョン・ウッドが休暇をとってネパールのトレッキングに参加。
そこで、ネパールの厳しい現実を目の当たりにする。たまたま立ち寄った地元の学校では、どう見ても定員35人の教室に70人の生徒たち。案内された図書館には、わずか数冊の本しかない。

彼はマイクロソフトを辞めて、社会起業家になった。
途上国の教育機会を支援する組織「ルーム・トゥ・リード(Room to Read)」のCEOになり、途上国に本を送り、図書館を設立する。

そういう話。興味ある方はサイトや本を見てみてください。

途上国に本を送り、図書館を設立するRoom to Read。マイクロソフトでは出会えなかった天職のレビューの続きを読む

July 21, 2009

仕事の意義を考える 社会起業家になる方法のレビュー

社会起業家になる方法

ちょっと前から社会起業家というのがとても気になる。少ししか本が出てないので見つけたら全部読んでみようと思っています。
ちなみに、企業ミッションが明確で、社会貢献要素があれば、みんな社会起業家だと思う。

この本では、6つのビジネスモデルが具体的に紹介されてて面白い。

  • 地域にねざし、地域活性のためのローモデルをつくるG-net
  • 漆器・陶芸の職人と若者をつなぐ事業モデルをつくる明天
  • 漫画家志望者に格安住居を提供するコトバノアトリエ
  • 農業を儲かるビジネスに変えるオリザ
  • 着メロのチャリティーモデルをつくる音の羽
  • コンビニ感覚の健診ショップをオープンしたケアプロなど

最後には、「すべての人が社会起業家となる時代がやってくる」という、興味深いことが書かれている。そして、日本のおもてなし精神は、こういう分野でリーダーシップを発揮していく、と。

仕事の意義を考える 社会起業家になる方法のレビューの続きを読む

July 20, 2009

ナンバ動作(半身動作)が面白い。コーチ論レビュー

少し前に「コーチ論」という本を読んだ。

コーチ論 (光文社新書)

スポーツ選手のコーチングの本ですが、間違ったトレーニングがいかに多いか、具体的に説明されてます。

たとえば、うさぎ飛びがナンセンスというのは今では常識ですが、僕が学生のときは普通にやっていた。

「うさぎ飛び」「丸刈り」「水分補給の禁止」「ダラダラ長時間続く練習」「シゴキ」「3年天皇、1年奴隷」「自分の成功体験の押し付け」「思い込み」などナンセンスなものはたくさんある。

日本は根性論が先行しちゃうようで、科学的なトレーニングが遅れていたんでしょうか?

ナンバ動作(半身動作)が面白い。コーチ論レビューの続きを読む

July 10, 2009

物事は気持ち次第 NUMBERサッカー日本代表特集。変革なくして4強なし

今回のNUMBER 732のテーマは、

「サッカー日本代表特集。変革なくして4強なし」

ワールドカップに向けて、日本代表キーマンへインタビュー。

NUMBERは僕のモチベーションの素ですが、今回もよかった。

インタービューに共通するものは、「気持ち」でした。

物事は気持ち次第 NUMBERサッカー日本代表特集。変革なくして4強なしの続きを読む

July 5, 2009

テクニックはあるが、サッカーが下手な日本人 日本はどうして世界で勝てないのか?

テクニックはあるが、サッカーが下手な日本人 日本はどうして世界で勝てないのか?

とてもとても面白かった。

FCバルセロナで指導をした著者がスペインと日本を比較して、その違いを説明している。

この本の結論は、「サッカーはサッカーをしないと上達しない。」ということ。

ごくごく普通のことだが、その考えに至る経緯や根拠が詰まっている。

日本はやはりプロセス重視で、物事を細分化して研究したがる。
その結果、細分化された物事は素晴らしくこなせるが、全体が上達しない。

たとえば、リフティングをしてもサッカーはうまくならない。走りこみしても、基礎体力つくってもサッカーはうまくならない。ストリートサッカーしてるほうがうまくなる。

テクニックはあるが、サッカーが下手な日本人 日本はどうして世界で勝てないのか?の続きを読む

June 30, 2009

ネット好きはそんなに気持ち悪いの? - ウェブはバカと暇人のもののレビュー

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)

みんなが読んでいるもんだから、僕も読んでみた。全く共感できへん部分と、共感できる部分は半分半分。

ネットに対する考え方は僕と全く違うけど、ネットでの施策や経験は参考になることが書かれてた。だから、機会あれば読んでもいいんじゃないでしょうか、という本です。この本に共感している人はあちこちにいるということは、ネット好き=気持ち悪い。って思ってるん人が多いでしょう。テレビ好き=気持ち悪い、とならないのは、視聴側に発言権がないからだけじゃないでしょうか?
という僕も、気持ち悪いという気持ちはゼロではないが、自分の職業を卑下する気はない。

元博報堂の人が書いてるからテレビ側に立つのは当然だけど、ネットがそんなにイヤならネットの仕事を止めればいいのに、と思う。ニュースサイト運営の仕事をしている時点で説得力がない。

ネット好きはそんなに気持ち悪いの? - ウェブはバカと暇人のもののレビューの続きを読む

June 5, 2009

「病児保育」に取り組むNPO法人フローレンス。「社会を変える」を仕事にするのレビュー

「社会を変える」を仕事にする

先日読んだ社会起業家の本が面白くて、本屋に行って適当に別の本を買った。文章が安っぽく感じるのが残念だが、やってる行動は素晴らしいと思う。

内容は、仕事と子育ての両立を阻む「病児保育」に取り組くため、NPO法人フローレンスを立ち上げた駒崎弘樹という社会起業家のお話。

ボクは子供がいないので詳しくないが、こどもが熱を出したときは、保育所は預かってくれず、病児保育室施設というところに預けるそうだ。

「病児保育」に取り組むNPO法人フローレンス。「社会を変える」を仕事にするのレビューの続きを読む

June 3, 2009

「食の不均等」に取り組むTABLE FOR TWO。「20円」で世界をつなぐ仕事のレビュー

「20円」で世界をつなぐ仕事

社会起業家が何なのか意味が分からんかったが、この本を読んで分かった。
勝手な解釈なので間違っているかもしれんけど、ボランティアが無償精神であるなら、社会起業家は社会に貢献することをビジネスとして取り組むこと。

アメリカではNPOでそれなりの報酬を得ているケースが多いらしい。つまり、単にビジネスモデルに社会貢献の要素があるかってことですよね。妙に納得した。

ここの本は、TABLE FOR TWOという会社が取り組んでいる「食の不均等」が引き起こす健康問題を解決するビジネスについて解説している。

「食の不均等」に取り組むTABLE FOR TWO。「20円」で世界をつなぐ仕事のレビューの続きを読む

June 2, 2009

代替不可能なユニークな存在になる必要 フラット化する世界(上)のレビュー

フラット化する世界 [増補改訂版] (上)

僕がずっと感じてることがまとまっていた本。おもしろかった。

グローバルに繋がった世界の中で、働き方はどう変わっていくか?

ビジネスモデルは当然「安い場所で作って、高く売れる場所で売る。」ことになる。

機械的に出来る単純作業はコンピュータに置き換えられて、人件費の安い国でも出来る仕事はそちらへ流れる。
日本にいると、頭では分かっていてもリアリティがない。どこかで自分には関係ないと思ってしまう。しかし、確実に雇用は移り変わっていってる。

代替不可能なユニークな存在になる必要 フラット化する世界(上)のレビューの続きを読む

May 15, 2009

カンボジアに小学校を建てる - 僕たちは世界を変えることができないのレビュー

僕たちは世界を変えることができない。

カンボジアに大学生が小学校を建てたお話。カンボジアに行く前に読んだ。学生向けで、立ち読みで読めるボリュームの本。大学生の勢いが素敵。
カンボジアに行ったときのことはこちら。カンボジアのプノンペン託児所でボランティアを考える

カンボジアに小学校を建てる - 僕たちは世界を変えることができないのレビューの続きを読む

May 10, 2009

スピリチャルとビジネスを両立 ミッチェル・メイ・モデルのレビュー

スピリチャルとビジネスを両立しているミッチェル・メイという人のビジネスモデルの解説本。ボクはこの人のことを全然知らないし、この人が作ったピュアシナジーというサプリメントのことも全く知らない。でも、面白かったので、あっという間に読めた。

ヒーラーと呼ばれる彼がビジネスを初めて、全米のみならず世界中で愛される商品を開発した。
人々の問題は食生活に起因していることが多いと彼は感じた。だからサプリメントを作った。徹底的に作った。そういう話。

スピリチャルとビジネスを両立 ミッチェル・メイ・モデルのレビューの続きを読む

May 7, 2009

多言語サイトを作ろう。日本人にはもう売るな!のレビュー


日本人にはもう売るな!ネットで世界進出する方法 (PHPビジネス新書 70)

ビジネスのお客様が日本人だけだともう終わりですよ。という本。各国のネット情勢を説明したり、ペイパルや発送方法について簡単に解説してる。あまり内容はなかった...

いろいろ本には書いてるけど、言いたいことは冒頭に述べたとおり。日本の市場はどんどん小さくなるから、衰退市場にビジネスしててもしんどいよ。ってことだけ。

ITに強くない人ほどネットビジネスをしていたりする。モノを売ったり、アフィリエイトしたりするのは業界で働いてない人のほうが多い気がする。

昔に、なぜ日本のサイトは日本語なのか?と聞かれたことがある。確かにグローバルに繋がれたウェブサイトで日本語のページだけを作ることはすごいもったいない。
ECサイトを多言語化しないのももったいない。

多言語サイトを作ろう。日本人にはもう売るな!のレビューの続きを読む

April 26, 2009

組織を最適化するか、個人を伸ばすか。オシムがまだ語っていないことのレビュー


オシムがまだ語っていないこと (朝日新書49)

オシムの本は面白いから見つけたら必ず読む。
新鮮さはなくなったけど、気になったところが2箇所あった。

P67
かつてトップ下の位置に強くこだわっていた中村俊輔でさえ、「どこでも対応する準備ができている。
監督の要求に応えるのが一番」と答えるようになった。 海外を含む、様々なチーム、監督の下で積んだ経験が、複数ポジションをこなす柔軟性と自信につながったのだろう。

組織を最適化するか、個人を伸ばすか。オシムがまだ語っていないことのレビューの続きを読む

February 18, 2009

駆け引きが勝負を左右する マリーシアのレビュー

マリーシア (光文社新書)

日本サッカーにはマリーシアが足りないとよく言われる。

タイトルの通りマリーシアについて書かれた本。面白かった。
日本ではマリーシアという言葉の意味はネガティブに捉えられてる。
ずるい、セコイ。そういうイメージ。

中学のときはサッカー部だった。すぐコケルヤツが敵にいた。ファールをもらうのがウマイのだ。
そういうヤツを見るとイライラして、よく削ったのを覚えている。昔は本当にそういうヤツが大嫌いだったので、救急車が呼ばれるぐらい削ったこともあった。

駆け引きが勝負を左右する マリーシアのレビューの続きを読む

February 17, 2009

サッカーを知的に愉しむのレビュー

サッカーを知的に愉しむ (光文社新書)

サッカーは国民性を反映した非常に面白いスポーツと思える面白い本でした。
歴史的に、また国ごとに解説されている。

僕はサッカーをするのは好きだけど、見る目はない。だから、サッカーを観る技術を向上させたいと思いました。日本らしいサッカー、勤勉な国民性が世界を魅了する日がくればこれほど楽しいことはない。日本らしさとは何か、いろいろ感じた。

January 26, 2009

地域を応援するサポーター心理 - サッカーとイタリア人のレビュー

サッカーとイタリア人 (光文社新書)

何をしても、自分でやってみる人と観戦する人に分かれる。

自分でモノを作る人がいれば、人の作ったものを買う人がいる。
サイトを作る人と見る人、会社を作る人と雇われる人も同じだと思う。

その両者には全く違う価値観が存在するし、そのコネクト部分には絶対ファン心理があるはず。

阪神タイガースがなぜ応援されるのか、これをロジカルに説明できれば、いろんなものに応用できると思う。マーケティングの原点、すごい関心がある。

地域を応援するサポーター心理 - サッカーとイタリア人のレビューの続きを読む

January 25, 2009

働く理由 99の名言に学ぶシゴト論のレビュー

働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。

たまたま仕事について書いた後に本屋で見つけたので読んでみた。
仕事感は自分で選択するだけなので、人の意見を聞いても何も思わない。
なのでこの本がオススメかというと微妙なところ。

でも、最後に書いてた文章はそのとおりだと思う。

P232

どんな職業も、自分が支配しているかぎりは愉快であり、自分が服従しているかぎりは不愉快である。


働く理由 99の名言に学ぶシゴト論のレビューの続きを読む

September 30, 2008

仕事とは?西村佳哲さんの「自分の仕事をつくる」のレビュー

自分の仕事をつくる

仕事とは何なのか。

「働き方研究家」というユニークな肩書きを持つ西村佳哲さんが、仕事の「やり方」や「在り方」についてまとめた本です。

友達が貸してくれましたのだけど、とてもとても面白かった。

すべてのおいて目的と手段がごちゃごちゃになってるんだなと改めて思った。
仕事の目的は、お金?やりがい?
この質問をたくさんの人にしたら、どんな統計になるんだろう。
職業によって違うのか、国によって違うのか。とても気になる。
その比率が人々の幸せや国の豊かさと関係があるのだろうか。気になる。

仕事とは?西村佳哲さんの「自分の仕事をつくる」のレビューの続きを読む

September 29, 2008

壁を破る言葉 岡本太郎のレビュー

壁を破る言葉

実家に帰ったときに、岡本太郎さんの本があったのでなんとなく読んでみた。

p155
謙虚というものは、人のまえで、
おのれを無にするとか低く見せることでは絶対にない。
むしろ自分の責任において、おのれを主張することだ。
つまり、謙虚は権力とか他人に対してではなくて、
自分自身に対してこそ、
そうあらねばならないんだね。

壁を破る言葉 岡本太郎のレビューの続きを読む

June 22, 2008

完全ビジネスマナーのレビュー

完全ビジネスマナー[人財・売上・利益を生み出す魔法の作法]

ビジネスマナーの本を読みました。
この本では、ビジネスマナーを2つに分類してます。それを、プロトコルとマナーと言ってます。
プロトコルというのは原則のルール(知識)です。その一方でルールをキッチリ守っても、本当にマナーが身についていないダメよ、ってことで2つに分類してマナーの重要性を語っています。

根本のマナーをしっかり意識した上で、原則のルール(プロトコル)を押さえましょう、という本です。

完全ビジネスマナーのレビューの続きを読む

June 21, 2008

教えることは教わること。サッカー監督の流儀のレビュー

サッカー監督の流儀―ジュニアからJリーグまで、指導者22人の経験的育成論

ジュニアからJリーグまで、指導者22人の経験的育成論。
22人の中には、昔Jリーグで見た選手もいた。引退して指導者になっているんですね。
みんなそれぞれ個性的。正解なんてないもんね。結果を求めるのは誰しもいっしょだが、何をもって結果とするかは人それぞれ。ここでの指導者は若い世代に教えている人がほとんど。だから、サッカーを教えるというよりもっと広い意味での教育をしているというポリシーの人もいた。
やはり指導者は知識ではなく人格者でなければならないといけないと思う。

教えることは教わること。サッカー監督の流儀のレビューの続きを読む

June 15, 2008

察知力(中村俊輔)のレビュー

察知力(中村俊輔)

中村俊輔の本が出てたから読んでみた。
やっぱりすごいな。というのが率直な感想。意識が高い。そしてその積み重ねが大きな差を生んでいるんだと思う。

察知力(中村俊輔)のレビューの続きを読む

June 4, 2008

話すチカラをつくる本―この一冊で想いが通じる! のレビュー

話すチカラをつくる本―この一冊で想いが通じる! (知的生きかた文庫 や 25-1)

友達に薦められて読んでみた。朝の通勤時間に読めるぐらいのボリュームです。コミュニケーションの初級の本だけど、案外見落としがち。最初に書いていることがすべてだと思う。僕もいつも思う。

人は話した内容など重要視していない。何を言ったか、ではなく、誰が言ったかを重視している。

話すチカラをつくる本―この一冊で想いが通じる! のレビューの続きを読む

June 3, 2008

起業家2.0 - 次世代ベンチャー9組の物語のレビュー

起業家2.0―次世代ベンチャー9組の物語

最近、この業界でのキャリアパスを強く考えさせられる。今までもいろいろ考えて進んでいたのだが、なんかまた違う。結構悩ましい。
この本は、書店でたまたま見つけて読んでみたのだが、面白かった。僕は1975年生まれなのだが、段階ジュニアとよばれるんですね。そして、この世代からいくつかの変わったITベンチャーが立ちあがっている。この本では9つのエピソードが紹介されている。

起業家2.0 - 次世代ベンチャー9組の物語のレビューの続きを読む

May 26, 2008

言われた仕事はやるな「石黒 不二代」のレビュー

言われた仕事はやるな! (朝日新書 109)

自分の会社の社長の本を読んでみました。実はまだ一回も話したことないし、どんな人かあまり知らない。本を読んで、面白かったし聞きたいことがいっぱいある。気軽に話しかけてよいのだろうか。
メールしてみよ。

言われた仕事はやるな「石黒 不二代」のレビューの続きを読む

May 25, 2008

あなたもいままでの10倍速く本が読めるのレビュー

あなたもいままでの10倍速く本が読める

勝間さんの本を読んで、フォトリーディングを受けてみようと思った。2日で10万ぐらいするのだが、ま、いいか。と思って。そしたら、セミナーがすごい人気で数ヶ月いっぱい。すごい。勝間パワーらしい。

入院しているときは、ネットもなくてひたすら本を読んでいた。いっぱい読めたのは他にすることがないから。仕事が始まると、時間がないのに加えてなかなか集中できない。情けない。読んでいると他のこと考えていたりするのね。いっぱい読みたい本はあるのに時間はない。だから、フォトリーディングに興味を持ったのだ。

セミナーが無理なら、本でも読んでみようと思ってこの本を読んだ。

あなたもいままでの10倍速く本が読めるのレビューの続きを読む

May 17, 2008

問題発見の人間学 ライト、ついてますかのレビュー

ライト、ついてますか―問題発見の人間学

ワインバーグさんの翻訳本は実は苦手。読むのに時間がかかってしまいます。頭に入ってこないのです。コンサルタントの秘密も同じ。
しかし、なるほどと思うことも多い、僕の中ではそういう本です。

この本は問題発見の本。前の会社の最後に、途中まで読んで返してしまったので、買って続きを読んでみた。感想は、あえて最後まで読まなくてもよかったかな。笑。


問題発見の人間学 ライト、ついてますかのレビューの続きを読む

祖母力 うばぢから オシムが心酔した男の行動哲学のレビュー

祖母力 うばぢから オシムが心酔した男の行動哲学

めっちゃよかった。なぜか分からんがボロボロ泣けた。かなり泣いた。僕は祖母さんのことをほとんど知らなかったが、カッコいいと思う。祖母さんはサッカーのジェフ市原のGMでオシムをジェフに呼んできた人です。

祖母力 うばぢから オシムが心酔した男の行動哲学のレビューの続きを読む

May 19, 2008

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法のレビュー

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法

今年から本を読んだらレビューを書くようにしました。書くためにはもう一度読み返すから自分の中に残るし、頭の整理によいからです。
あとは、どれぐらい読んだのか、とか、その時に興味あることも分かるので自分確認です。年間100冊というのをよく聞くのでそれぐらいは読もうと思います。

この1週間は入院してて、全くすることがなかったので、本を何冊か読みました。

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法のレビューの続きを読む

May 20, 2008

ウェブ時代5つの定理 この言葉が未来を切り開く!のレビュー

ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!

★★★☆☆

まあまあでした。
梅田望夫さんが起業家として成功するうえで教訓となり、影響を受けたカッコいい言葉が英文のまま載っている。

それを5つの定理として分類している。アントレプレナーシップ、チーム力、技術者の眼、グーグリネス、 大人の流儀の5つ。

ウェブ時代5つの定理 この言葉が未来を切り開く!のレビューの続きを読む

May 17, 2008

2010年南アフリカW杯が危ない!のレビュー

2010年南アフリカW杯が危ない! (角川SSC新書)

南アフリカW杯が問題なくできるのか!というのは誰もが心配していること。
中でも治安の面は深刻です。
敗因と」を共著したサッカーライター木崎伸也さんがアフリカに行って、見て感じたものが書かれています。
ちょうど1年ぐらい前、ランドを保有してる友人から南アフリカのことを聞いたときはビックリした。レイプ率が高いから、法律でレイプをOKにしようという法案が国会に提出された、とか。聞いただけなので本当は多少違うかもしれません。結局流れたと思いますが発想がヤバイ。ランドを所有してる彼は頭をかかえていました。
(ちなみにこの友人はとてもスマートだと思う。見習うところ多し。)

2010年南アフリカW杯が危ない!のレビューの続きを読む

May 16, 2008

病とフットボール「高原直泰」―エコノミークラス症候群との闘いのレビュー


病とフットボール―エコノミークラス症候群との闘い (角川SSC新書 (016))

サッカー選手の高原直泰選手の初めての本。エコノミークラス症候群について詳しく知らなかったのですが、病気の怖さがこの本を読んで分かりました。

エコノミー症候群は、静脈の血が流れにくくなり、血の固まりができてしまう病気で、血が流れなくなるので最悪死んでしまうのです。
飛行機の中は空気が乾燥していますので、気がつかないうちに体からは水分が失われて、血の固まりができやすくなるためのようです。

病とフットボール「高原直泰」―エコノミークラス症候群との闘いのレビューの続きを読む

May 15, 2008

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラントのレビュー

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

金持ち父さんシリーズは1冊しか読んだことなかったから違うやつを読んでみた。
この本は人の生き方(働き方)を大きく下の4つに分けて、その違いを説明している本でした。表紙に書いてるとおりです。

E=従業員
B=ビジネスオーナー
S=自営業者
I=投資家

確かに4つに分けて、その価値基準を分けると全然人としての考え方が違うことがはっきり分かる。なるほど、という感じ。

従業員という選択が間違っているとは僕は思わないですが、基本的に金持ち父さん系の本では、経済的自由を手に入れるためにSやIになるための本です。

なので、どうすればSやIに移動できるか説明している。

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラントのレビューの続きを読む

May 14, 2008

日経1年生!のレビュー

日経1年生! (祥伝社黄金文庫 は 7-1)長谷部瞳と「日経1年生!」製作委員会

祥伝社 2008-04-11
売り上げランキング : 2058

おすすめ平均 star
starわかりやすい経済をQ&A方式で解説

基本的なこと多かったけどおさらいの意味でも勉強になった。
長谷川瞳さんという方が日本経済新聞社の方に、ニュースや新聞で取り上げられている経済の話題を基本の基本から解説してもらっている本。

もともとはポッドキャストで放送しているみたいなので聞いてみよう。そして、日経新聞はやっぱり取ろう。


Amazonで詳しく見る

May 15, 2008

日本進化論―二〇二〇年に向けてのレビュー

日本進化論―二〇二〇年に向けて (幻冬舎新書 い 3-1)出井 伸之

幻冬舎 2007-07
売り上げランキング : 21052

おすすめ平均 star
star先を見据えた提言は読み応えありです。
star経営者から見た日本社会へのメッセージ
star出井伸之の歴史的評価とは?

出井さんの新書が目にとまったので読んでみた。日本がんばろう。という内容でした。まあまあおもしろかった。

P138

本書はまさに、日本という国とその国民に向けたエールのつもりで書きました」


という本です。


日本進化論―二〇二〇年に向けてのレビューの続きを読む

3つの真実 人生を変える"愛と幸せと豊かさの秘密"

3つの真実 人生を変える

昔に読んで感動した「鏡の法則」というのがあります。
その作者の本ということで読んでみました。公私をどうバランス取るかに悩む経営者の物語です。

3つの真実 人生を変える"愛と幸せと豊かさの秘密"の続きを読む

May 13, 2008

日本サッカーと「世界基準」のレビュー

日本サッカーと「世界基準」 (祥伝社新書 (046))

謙虚さがないからセルジオはあんまり好きじゃないんですよね。(自慢っぽいのはまあブラジル育ちだからよしとしてます。)
あとは、問題点指摘ばかりで改善案がない。いつもそんなイメージがある。

監督を変えろ、とかそんなんばっか。

日本サッカーと「世界基準」のレビューの続きを読む

May 12, 2008

お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践のレビュー

お金は銀行に預けるな   金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)

勝間さんの本は初めて読んだのですが面白かったです。他のも読んでみようと思いました。お金を銀行に預けないで、どう運用するか。資産運用の本です。
分かりやすいし、読んでてなんか信用できる人だな。と感じます。そういうのすごいと思うし、そうなりたいです。

お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践のレビューの続きを読む

May 11, 2008

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則のレビュー

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書 ほ 2-1)本田 直之

幻冬舎 2007-05
売り上げランキング : 208

おすすめ平均 star
star評判通りの良書ですね
star「時間投資」という発想、おもしろい!
star使える時間術

本田直之さんの本をはじめて読んだ。ロジカルだなあ。と思った。
僕は年の目標は立てているんだけど、そこまで明確じゃないので、目標をたてます。
時間の使い方、時間の投資の仕方は意識してるんだけど、やってる人は本当に徹底してるな。
会社でも3年計画を立てろ、といわれているのでちょうどいい。

目標をもっと具体的にたてます!!


レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則のレビューの続きを読む

May 8, 2008

次世代ウェブ グーグルの次のモデルのレビュー

次世代ウェブ  グーグルの次のモデル (光文社新書)

2007年の本。前の会社から貰った。Web2.0という文字が懐かしい。僕も本を書きたいと思ったので、本をひたすら読みます。

Web2.0というパラダイムは、極大化されたデータベースの海と、そこから的確に有用なデータを拾い上げるための「UFOキャッチャー」アーキテクチャという2つの層からなっている。データベースが極大化していけばいくほど、そこから情報を収集・マイニングするためのUFOキャッチャーは高度化していき、高い能力を求められるようになる。

次世代ウェブ グーグルの次のモデルのレビューの続きを読む

May 6, 2008

バカの壁「養老孟司」のレビュー

バカの壁 (新潮新書)

周りに本を読む人が多くて、僕も読もうと思ったのが、本のレビューを始めたキッカケです。当分はジャンルはバラバラで。今回は、昔に読んだときの記憶が全くなくても、バカの壁をもう一度読んだ。

そしたら、タイトルのインパクトほど面白くなくて、壁ってわけでもないし結局何?って言いたくなる本でした。

バカの壁「養老孟司」のレビューの続きを読む

May 3, 2008

サッカー監督という仕事のレビュー

サッカー監督という仕事 (新潮文庫)

昔に買った本を読み返してみた。日本代表の監督がジーコになった時らへんに出版された本です。サッカーは人生の縮図だ。と僕は思っていて、サッカーの本から人生やビジネスの共通項を感じることが多い。

随分前に書かれた本だが、走ることのの重要性を強く投げかけてくる。
「クリエイティブなムダ走り」という表現をしている。オシムと重なる部分がある。

サッカー監督という仕事のレビューの続きを読む

May 2, 2008

脳を活かす勉強法のレビュー

脳を活かす勉強法茂木 健一郎

PHP研究所 2007-12-04
売り上げランキング : 75

おすすめ平均 star
starきっかけ、としては面白い話じゃないかな。
star勉強を続ける意欲アップに
star目新しいものではない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

学習の仕方が分かれば誰だって学習効果はあがる、という本。
ようするに、脳が楽しいと思う状態をコントロールしろということなんだけど、
脳が楽しいと感じるのは、予想可能なことと意外なことがバランスよく混在している状態だそうだ。
簡単に言うと、簡単すぎてもダメ、難しすぎてもダメ。ということ。

楽しいと思う瞬間にはドーパミンがでてて、その自分のパターンを理解しろ、ということなのだ。
活字にすればそのとおりなんだけど、実際に実践するのは簡単ではない。

脳を活かす勉強法のレビューの続きを読む

April 26, 2008

夢をかなえるゾウのレビュー


夢をかなえるゾウ

今年は本を読むようにしたのです。今回は、ベストセラーということで読んでみた。
自己啓発本だが、簡単な物語になってて読みやすい。しばしば笑える。

変わりたいと思うことがいいことがどうかは分からない。
その発想自体が作られた個性っぽい。
変わらなくてもいいと思うし、夢がなくても別にいいと思う。
自分の生きたいように進めばいいでしょ。

夢をかなえるゾウのレビューの続きを読む

April 22, 2008

外為投資ネットでラクラク儲かる方法―しくみを知って上手に儲ける!のレビュー

外為投資ネットでラクラク儲かる方法―しくみを知って上手に儲ける!山岡 和雅

すばる舎 2005-09-09
売り上げランキング : 178560

おすすめ平均 star
starファンダメンタル重視
starまずは知ることから・・・。
star初心者向き

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1年前に借りた本。よく分かる。おもしろい。初心者用の本。
小額ながら長期でやろうと思います。

ダメな自分を救う本―人生を劇的に変えるアファメーション・テクニックのレビュー

ダメな自分を救う本―人生を劇的に変えるアファメーション・テクニック

会社の人がおススメしてたので読んでみた。セラピスト(カウンセラー?)の方が書いた自己啓発本です。

潜在意識についての記述が妙に印象に残っている。
たとえば、潜在意識は現状維持を求める、とか、「ないもの」を理解できないなど。
この2点は意識したい。

ダメな自分を救う本―人生を劇的に変えるアファメーション・テクニックのレビューの続きを読む

生まれてはじめての「ニコニコ」外貨投資"FX"のレビュー

生まれてはじめての「ニコニコ」外貨投資山根 亜希子

明日香出版社 2006-12
売り上げランキング : 157834

おすすめ平均 star
star一番最初のFXとっかかり
star内容はわかりやすい、編集はひどい
star超超初心者むけです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

金儲けの本ばっか読んでいるね、と言われる今日この頃。しばらくいろんな本を読みます。ちょっとだけ読むのが早くなった気がする。

生まれてはじめての「ニコニコ」外貨投資"FX"のレビューの続きを読む

April 20, 2008

プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門のレビュー

プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門広兼 修

オーム社 2005-11
売り上げランキング : 2493

おすすめ平均 star
starフェーズ単位でのPMの役割
star最終的にはコミュニケーション力っすねー
star実践にそったサジ加減

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

会社に入ったら研修していただいてます。人生初めてで楽しい。
そして、PM研修の課題本としてこれを渡されました。
PMBOKの本は今までも読んだことあるんですが、これを読んでどうしたらよいのかいまいち分からない。
特に目新しいことが書かれているというわけでなく、当たり前のことが書かれている。

プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門のレビューの続きを読む

April 17, 2008

頭金0でマンションの大家になった私の方法のレビュー

頭金0でマンションの大家になった私の方法横山 利香

シーアンドアール研究所 2007-02
売り上げランキング : 116486

おすすめ平均 star
starなんだか宣伝ですか?
starこの売り方って?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ふーん、という感じ。やっぱり片手間でやるのはやっぱり難しいんだろうな。と思った。
ちなみに、この作者は株式投資をやっていて、それなりに安定収入を得てたっぽいし、普通の主婦ではなさそう。

April 18, 2008

ゴーマニズム宣言SPECIAL 沖縄論のレビュー

新ゴーマニズム宣言SPECIAL 沖縄論小林 よしのり

小学館 2005-06
売り上げランキング : 30123

おすすめ平均 star
star表面的ではない沖縄の話
starそれほど価値があるとはいえない
star沖縄の行く先と反米の行く先

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

読み返した。漫画やけど本を読むよりも疲れる。
不思議で複雑な島です。離島に行きたいです。
小林よしのりさんの書いてることがすべて正しいとは思わないが、曖昧でないのは好き。

April 19, 2008

小飼弾のアルファギークに逢ってきた [WEB+DB PRESS plus]のレビュー

小飼弾のアルファギークに逢ってきた [WEB+DB PRESS plus] (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)小飼 弾

技術評論社 2008-04-15
売り上げランキング : 165


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

小飼弾さんが有名なエンジニアにインタビューしてるのが本になってる。
なかなか面白かった。エンジニアは読むべきですね。
僕はしょぼいプログラマでしたが、ここまでいくとカッコいい。
行くとこまで行くとどんな仕事やポジションでもカッコいい。
(最近は昔エンジニアだったと言っても誰も信じてくれない。。)

小飼弾のアルファギークに逢ってきた [WEB+DB PRESS plus]のレビューの続きを読む

April 10, 2008

「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本のレビュー

「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本

最近書店にすごい並んでますね。
少し前に、ビジネスマンのための「発見力」養成講座を読んだのですが、小宮さんの本は分かりやすくて好きです。

で、この会計知識の本を読んだのですが、会計分析の計算とかは言われたら分かるんだけど、とっさには出てこない。日常見てないとダメなんだろう。でも、初めて簿記の勉強した時からするとだいぶん分かってきたので、じわじわ見えてくる気もする。

「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本のレビューの続きを読む

April 4, 2008

海外ネットオークションで月商200万円稼ぐ法のレビュー

海外ネットオークションで月商200万円稼ぐ法牧野 弘直

中経出版 2007-06-20
売り上げランキング : 3918

おすすめ平均 star
stareBay関連の中で現在、唯一、使える書物
star最適なeBayの入門書
star稼げるかは別として

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近、海外に向けて商品売買がしたくて流通のことを考えるのだが、ありものでサクッとやってみるのがいいと思って、ネットオークションの本を読んでみた。
一言で言うと、ヤフオクよりeBayのほうがお得!という本です。立ち読みできるボリュームでした。

海外ネットオークションで月商200万円稼ぐ法のレビューの続きを読む

April 5, 2008

ボロ物件でも高利回り 激安アパート経営―入居率95%を誇る非常識なノウハウのレビュー


ボロ物件でも高利回り 激安アパート経営―入居率95%を誇る非常識なノウハウ

僕の野望の1つに通称「サッカーマンション」を作るというものがある。
これは2つの要素があって、フットサル場の経営とアパートの経営。

とはいっても、フットサル場なんて作れる気がしない。いくらかかるのかも全く分からない。ま、夢。(いい年してますが。)

アパートを経営したいと思ったキッカケは、海外でホームステイした時に単純にホームステイのホストファミリーはいいなあ。と思ったから。草の根の国際交流をしつつ、ちょっとした金も入る。
僕の親父は大工なんやけど、小さいアパート建てて運営しているのを見ているせいもある。

ボロ物件でも高利回り 激安アパート経営―入居率95%を誇る非常識なノウハウのレビューの続きを読む

April 1, 2008

ネットビジネスを考える - 日本一やさしいネットの稼ぎ方


日本一やさしいネットの稼ぎ方―ネットで稼ぎ続ける人は何が違うのか

あ、会社は3月末で終了しやした。あっさりしたものでした。

ネットビジネスの本を読みました。立ち読みできるボリュームでした。

僕はアフィリエイトで小遣いを稼いでいるせいか、ネットビジネスに昔から興味がある。セミナー(僕にとってはとても高額)に参加したこともあったし、この手の本も何冊か読んだことがある。読んで得るものがあるかと言うと、あるようなないような。。結局やるかどうかだけ。
まあ、成功事例なのでこういうのを読んでモチベーションアップする人はいると思う。

ネットビジネスを考える - 日本一やさしいネットの稼ぎ方の続きを読む

March 20, 2008

靖国に行って、日本を考える- 新しい歴史教科書


新しい歴史教科書―市販本

最近忙しい。そして周りはヒマな人が多いものだから、心が荒んできた。ヤバい。人と話すのが減ると本を読む傾向にあるらしい。そしてそういう時は忙しいのに、なんとかブログを更新する。溢れてくるのだ。

先週末に靖国神社に初めて行きました。もっとギスギスしたところかと思いきや、意外にすこやかな場所でした。境内でカッコいいほどに二拝二拍手一拝しているおじさんがいた。
振り返ると涙ウルウルしていた。そういう気持ちが宿る場所なんだと改めて思った。

靖国に行って、日本を考える- 新しい歴史教科書の続きを読む

March 19, 2008

ビジネス本 - 会社にお金が残らない本当の理由のレビュー


会社にお金が残らない本当の理由

まあまあ面白かった。
93.7%の会社は10年以内に潰れる。って表紙に書いてる。
そんなもんかもしれん。会社って簡単に作れるから、昔みたいに起業は大きなことではなくなっている。
つまり、軽い気持ちで始めちゃう人がいるんだから、やめる時もあっさりやめちゃったりするんだろう。
労働機会が減って失業率が上がったから、国が会社を作りやすくして起業を煽ったけど、そういった対策の悪い部分。
でも、小規模でもビジネスできる状況に世の中が変わってきてるのだから仕方ない。
物事にはいつでもよいことと悪いことがある。
グローバル化によって、日本に生まれたという既得権は役に立たなくなってきてる。いや、逆にハンデになるかも。

ビジネス本 - 会社にお金が残らない本当の理由のレビューの続きを読む

March 16, 2008

キャリアを考える - デキる人は皆やっている一流のキャリアメイク術


デキる人は皆やっている 一流のキャリアメイク術 (アスカビジネス)

会社の友達に薦められて読んでみました。自分のキャリアをどう作っていくか、という本です。
「まさか30才過ぎてキャリアを考えることになるとは」って、本の中で保田さんが書いていたのですが、まさに僕といっしょ!
僕は20代が修行で30で独立するつもりでした。しかし、IT業界にずっといていろいろ見た結果、独立する気持ちは薄れ、今も組織で勤めてます。個人事業主として副業はしてますが、本業よりはもちろん小さいです。
上記は言い訳だと思いますが、今の状況は楽しんでますし前向きに考えています。

脱線してしまった。

キャリアを考える - デキる人は皆やっている一流のキャリアメイク術の続きを読む

March 15, 2008

「なぜ?」という気持ちを忘れない - ビジネスマンのための「発見力」養成講座


ビジネスマンのための「発見力」養成講座 (ディスカヴァー携書)

年を取ると月日が経つのが早く感じるのは、いろいろなものに慣れてしまって、情報をスルーしているからだ、というのは感じていた。
だから何も残らず、新しいものにチャレンジもせずに、時間だけが過ぎる。「慣れる」ということの悪い面。
社会人なりたての時、僕は口癖のように、「なんでですか?」と言っていたそうだ。
昔の先輩によく言われた。学生から社会にでて、納得いかないことだらけだったのだろう。

「なぜ?」という気持ちを忘れない - ビジネスマンのための「発見力」養成講座の続きを読む

February 20, 2008

コミュニケーション技術の本 - 「言語技術」が日本のサッカーを変える (光文社新書)


「言語技術」が日本のサッカーを変える (光文社新書)


日本サッカーを強くするために他国と比較した時に、決定的違いは「言語技術」であるということを解説した本。僕はすごく面白かったです。サッカーは人生の縮図、というのが僕の原点なので、こういう本は好きなんですよね。朝に読み始めて、夜に読み終わりました。
この本の内容はサッカーに限らないと思いました。

コミュニケーション技術の本 - 「言語技術」が日本のサッカーを変える (光文社新書)の続きを読む

February 19, 2008

KY - 「場の空気」が読める人、読めない人


「場の空気」が読める人、読めない人―「気まずさ解消」のコミュニケーション術 (PHP新書)

「気まずさ解消」のコミュニケーション術ということで読んでみました。
(別に気まずさ感じて生きてませんが。)

コミュニケーションってこんなに難しいのか、と考えさせられる本です。
くだらないと思う話も多かったですが、全体的に読んでよかったな。と思いました。
業務上コミュニケーション能力を売りにしてましたが、気恥しくなる。
聞き上手への道は遠く険しいです。

ちなみに、先日セクハラ研修というのを受けましたが、その時の配布資料はこの本からかなり引用されてました。

KY - 「場の空気」が読める人、読めない人の続きを読む

January 29, 2008

カフェオーナーのノウハウ - ヌフカフェはなぜ潰れないのか?


ヌフカフェはなぜ潰れないのか ~武田康伸のカフェ経営哲学

後輩が貸してくれたので読んでみた。1、2時間で読める内容ですが、なかなか面白かった。カフェのオーナーとして有名な方が書いたちょっとしたノウハウ本です。

居心地のよいカフェって客単価が安くて、回転率も悪いので、あんまりビジネスにならないという勝手なイメージが僕の中にあった。だからこういう本のタイトルに少し惹かれたのだろう。

カフェオーナーのノウハウ - ヌフカフェはなぜ潰れないのか?の続きを読む

December 31, 2006

風水整理術で部屋を片付ける。ガラクタ捨てれば自分が見える

ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)

本を読んでいたら、妹に一冊の本を渡された。

お前が今、一番読まんとあかんのはこの本や

こんな言い方どうだと思います?

風水整理術で部屋を片付ける。ガラクタ捨てれば自分が見えるの続きを読む

December 27, 2006

ドイツワールドカップを暴露 敗因と、を読んで

敗因と

サッカーライターとして有名な金子達仁、戸塚啓、木崎伸也らによるインタービューなどから当時のドイツワールドカップの暴露したみたいな本でした。
「敗因と」というタイトルもそうですが、サッカーファンに考えさせるメッセージのようなものを感じました。
率直に言うと悲しい感じ

で、今更ですが、ドイツワールドカップの本を読みました。そして、一言残そうと思いました。

ドイツワールドカップを暴露 敗因と、を読んでの続きを読む

December 21, 2006

ウェブ人間論 - 梅田望夫

ウェブ人間論
4106101939梅田 望夫 平野 啓一郎

新潮社 2006-12-14
売り上げランキング : 63

おすすめ平均star
starきらめくヒント
starウェブの現在をざっと見る
star非常に面白い反面、不満も多い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

梅田望夫氏の新しい本を読んでみました。「ネット」が人間をどう変えるか、そんな内容を期待してた。思ってたより面白くなかった本。期待しすぎてたかな。

内容は「ネット」に関係するいろいろなテーマに対して価値観の違う2人の対談。ネットに対して、梅田氏は性善説でメリットを重視する。一方、平野氏は懐疑的に見ていて、デメリットにシグナルを発する。大きく見たらそんな印象。

ウェブ人間論 - 梅田望夫の続きを読む

December 12, 2006

人生のどんな問題も解決する魔法のルール 鏡の法則で涙

鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール

仕事の帰りに、ちょっと立ち読みしたら最後まで読んでしまった。
立ち読みで読みきれる本です。

そして泣きます。立ち読みで泣いてしまいました。読んでみてください。

December 4, 2006

プロジェクト管理の誤解 ゆとりの法則

ゆとりの法則 - 誰も書かなかったプロジェクト管理の誤解

CSS nite行った時の日記でパズルのピースのことを書いたんですが思いのほか反響がありました。
みんなさぞカリカリ働いているのでしょう。。

ほんで、友達がパズルの話はゆとりの法則で読みました、ってメールくれたので、読んでみたらそのまま載ってました。

プロジェクト管理の誤解 ゆとりの法則の続きを読む

November 21, 2006

いろんなところに火をつけることが自分の使命な気がする。幸せな小金持ちへの8つのステップを読んで

幸せな小金持ちへの8つのステップ

本田健さんの「幸せな小金持ちへの8つのステップ」という本をもらったので早速読んでみた。

僕が好きなことはなんでしょう。

いろんなところに火をつけることが自分の使命な気がする。幸せな小金持ちへの8つのステップを読んでの続きを読む

September 5, 2004

朝倉恭介―Cの福音

朝倉恭介―Cの福音・完結篇 (宝島社文庫)

ひょんなことから、この作者の本を初めて読みました。結構入り込んですぐ読めました。映画化とかしたらものすごええ感じなんちゃうかな。と思った。

August 21, 2004

聖なる予言


聖なる予言 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

仲良い人は知ってるけど、昔とりつかれたことがあって、おばけというか不思議なものは、無意識で信じている。ただ、多分それ以来、心にバリアを張ってしまって、そゆ不思議なものは知らず知らず避けてたと思う。
でも、生きてるとそゆのに詳しい人もチラホラ周りにも出てきて、ちょっとづつまた目を向けるようになった。
ほんで、聖なる予言、を読んだ。
身の周りへの感謝は、灯台下暗しになりがちなだけに、意識したい。

トルシエ・ジャパンを冷静に分析 山本昌邦備忘録


山本昌邦備忘録 (講談社文庫)

サッカーせっかく好きなんだから、もうちょっと知りたいな、と思って、本を何冊か読んだ。
その中の山本昌邦備忘録はトルシエ時代のギスギスした話が具体的に書いてて面白かった。
コーチとしてトルシエ・ジャパンを冷静に分析した貴重な提言

トルシエって本当に変わったやつ。こういう現実があっても、世の中の人はトルシエがよかったというのか。サッカーに興味ある人はぜひ読んでみてください。

サッカーを知りたいと思う今日この頃。こんなにチャーミングはスポーツはない。サッカーの試合の後は、試合総評を書きたい。

October 19, 2003

マキアヴェッリ語録

国家にとって、法律をつくっておきながらその法律を守らないことほど有害なことはない。
とくに法律を作った当の人々がそれを守らない場合は、文句なく最悪だ。

国家にとってもう一つ有害なことは、さまざまな人物を次々と糾弾し攻撃することによって、国民の間にとげとげしい雰囲気をかもしれだすことである。

(塩野七生『マキアヴェッリ語録』新潮文庫、平成4年、151頁)

February 22, 2001

チーズはどこに消えた

チーズはどこへ消えた?

チーズはどこに消えた、を読んだ。僕は過去しがみつき動けない小人だろう。前向きになるどころか、ダブってちょっと悲しくなってしまった。必読とは思わないけど、すぐ読めるし読んだら、って感じ。

August 28, 2000

中島らも「ガダラの豚」を読んで、呪いが気になる今日この頃


ガダラの豚〈1〉 (集英社文庫)

ガダラの豚を読んで呪いがものすごく気になる今日この頃です。
中島らもの本は、最初はエッセイを面白いなと思って読み始めました。何冊か読んでいるとどれも同じような感じやったけど、このガダラの豚はのめりこみました。
3冊あるけど、入るとすぐ読めますよ。オススメです。
漫画も出てたけど、3巻から出なくなった気がする。

ちなみに、中島らものライブに行ったら、次に何の曲か覚えてないようで、前の歌詞カードを凝視してたのは笑えました。

中島らも「ガダラの豚」を読んで、呪いが気になる今日この頃の続きを読む

August 25, 2000

植田正治さんの写真に涙

偶然だが、植田正治さんという写真家の美術館に行った。それがものすごく感動してしまって、めちゃくちゃよかったのです。なぜか涙がポロポロ流れました。とりあえず、写真集を予約しました。早く届くとええなあ。鳥取行ったら是非行ってください。鳥取砂丘の近くです。

僕が持ってる写真集は違うやつやけど、僕は大好きな写真家さんです。オススメです。

植田正治写真集:吹き抜ける風

植田正治写真美術館

June 24, 1998

三代目魚武濱田成夫

三代目魚武濱田成夫が大塚寧々と結婚したそうだ。彼は地元がいっしょなもんで愛着がちょっぴりある。彼の本は不良の妹の衝動買いによって全部そろっておる。全部読んだけど、知っている場所とかがいっぱいでてきて面白い。小学校のなかよし山とか香枦園浜とかめちゃ地元であるし、魚武の魚屋は近くの商店街にあったそうである。自分に自信のない人はこいつの本を読むといいかもしれない。こいつアホちゃうか、とか思いながらなんか自信が持てたりするような気がする。角川の”自由になあれ”がオススメ。これを機に名前が売れるのかねー


自由になあれ角川文庫

June 4, 1997

パパラギ はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集

パパラギ―はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集

思想に酔っぱらっている。フラフラである。あまり考えない人がバカなのか、それとも考えすぎるのがバカなのかは疑問である。

« ウェブ制作メモ | メイン | サッカー »

MENU
About オススメの本

他にも多くのエントリーがあります。アーカイブページも見てください。

team6

Creative Commons License
作者プロフィール
ウェブサイトのプロジェクト管理をしてる僕が、趣味で似顔絵描いたり、プログラマなどをしながら感じることを残す場所。日々思うことをアップしていきます。 ウェブディレクター プロフィール はこちら